山口県オリジナル柑橘「ゆめほっぺ」

「ゆめほっぺ」のご紹介

「ゆめほっぺ」ってなぁに?
  「ゆめほっぺ」とは? 山口県のオリジナル品種である「せとみ」の中でも一定の果実品質基準を満たしたものを「ゆめほっぺ(全農山口県本部の登録商標)」と呼ぶんだよ。
他の柑橘とどこが違うの?
  「ゆめほっぺ」とは? 大きさは180〜200gで人気のある「デコポン」よりも糖度が高く甘いんだよ。また、プチプチと弾けるような食感をしているよ。中袋が薄くてまるごと食べられるためみんなに大人気の柑橘だよ。
どうしてこんなに甘いの?
  「ゆめほっぺ」とは? 1月末〜2月上中旬に収穫ですが、出荷時期(3〜4月)まで貯蔵庫で予措することで酸が下がって美味しくなるんだよ。
どこで栽培されてるの?
  「ゆめほっぺ」とは? 山口県内の各産地で栽培されているよ。中でも周防大島町(JA山口大島)では、県内生産量の約95%を占めてるんだよ。
 
ゆめほっぺ【贈答用】
 贈答用のゆめほっぺは、以下のサイトで取扱っています。
JAタウン JAタウン“正直やまぐちショップ”
http://www.ja-town.com/shop/c/c6401/
 
「ゆめほっぺ」を使ったオリジナルレシピ
ゆめほっぺローリングMOWMOW
ゆめほっぺレシピ
ゆめほっぺ生産者の声
産地からの声(2009更新)
産地からの声(2008更新)