さやいんげんのお話

●さやいんげんの歴史 ●さやいんげんの選び方・保存方法
●さやいんげんの種類 ●さやいんげんの栄養

☆さやいんげんを使ったレシピ☆

●さやいんげんのアーモンド和え

●さやいんげんと豚肉のマヨネーズ炒め ●さやいんげんの揚げひたし

●さやいんげんの選び方・保存方法
 みずみずしく、肉厚で、種子の部分が盛り上がっていないものを選びます。太さは均一で、全体的に細いものがよいでしょう。また、ポキッと簡単に折れるものが新鮮。・・・といっても、店頭で折ってみることはできないので、見た目でハリがあってみずみずしいものを選びましょう。
 さやいんげんは、しなびやすいのでポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。たくさんあるときにはサッとかためにゆでて、冷凍しておくとすぐに利用できて便利です。ゆでるときは、まな板の上で塩ずりしてからゆで、湯から上げたら冷水にサッとさらすと色鮮やかになり、鮮やかな青みを生かして和え物やサラダ、バター炒めや付け合せなど、和洋中さまざまな料理に活躍してくれます。

●さやいんげんの栄養
 βカロチンやビタミンB群を豊富に含む緑黄色野菜です。βカロチンは体内でビタミンAに変わり、粘膜や皮膚の抵抗力を高め、生活習慣病やガン予防に効果があるといわれています。さらに、βカロチンそのものも活性酵素の害を防いでくれるのでガン予防に効果があります。油と一緒に摂ると吸収率が上がるので、炒めものや揚げ物がオススメです。ビタミンB1は神経を安定させ、イライラを防止する効果があり、ビタミンB2は脂肪の代謝を助けるため、肥満防止やコレステロール値の低下などの効果が期待できます。他にもビタミンC、カルシウム、鉄、亜鉛、カリウムなどを含んでいます。

←Back



Copyright © 2004 JA ZENNOH YAMAGUCHI All Rights Reserved.
JA全農やまぐち・トップページ

さといも
ぶどう
オクラ
らっきょう
ふき
こまつな
かぶ
じゃがいも
レタス
さやいんげん
かぼちゃ
パセリ
ごぼう
キャベツ
しゅんぎく
はなっこりー
たまご
くり
ブロッコリー
きゅうり
ズッキーニ
スイートコーン
モロヘイヤ
たけのこ
わさび
牛肉
れんこん
ほうれんそう
ねぎ
しいたけ
なす
ピーマン
トマト
にんにく
アスパラガス
たまねぎ
だいこん
はくさい
いちご
みかん
りんご
おこめ
なし
すいか


体にいいお話