●ねぎの歴史 ●ねぎの栄養
●白ねぎの栽培方法 ●ねぎパワー
●ねぎの選び方・保存方法  

☆ねぎを使ったレシピ☆
●白ねぎのサラダ
●白ねぎの蟹あん ●白ねぎの串カツ

●ねぎの歴史
 原産は中国西部、シベリアとされています。日本では奈良時代ごろから食用していたようです。関東では白い部分を食べる白ねぎ、関西では葉の緑の部分を食べる葉ねぎが好まれていましたが、近年では、料理にあわせて使い分けるようになりました。

●白ねぎの栽培方法
 ねぎの緑色の部分は地上にでているところです。葉ねぎは、ほとんどの部分が地上に出ており、栽培方法も想像がつきますね。では、白ねぎはどうやって栽培するのでしょうか。
 白ねぎの白い部分は、もちろん土の中で太陽にあたらずに育ったから白いままなのです。まず、畑に溝を掘り、この溝の部分にねぎを植えます。ねぎの成長に合わせて溝に土を入れていき、常にねぎの葉の部分だけが地上に出ている状態にします。溝が埋まって平らになってしまったら、こんどは土を盛り上げていきます。こんな感じで白くてやわらかい白ねぎが出来るのです。

●ねぎの選び方・保存方法
 白い部分と緑の部分がはっきりしているものが良いといわれています。白ねぎは白い部分が硬くしまっているもの、葉ねぎは先の方まで緑色が鮮やかなものを選びましょう。葉ねぎは、出荷の途中でも上に向かって葉がのびてくるので、横にしないで縦にして運ばれるそうです。
 保存方法は、新聞紙などで包み冷蔵庫へ。束で売られている泥付きのねぎは葉を少し出して、斜めに土に埋めておくと長持ちします。お庭がない場合でも、新聞紙などで包み、葉を少しだけ出して立てておきます。





Copyright © 2004 JA ZENNOH YAMAGUCHI All Rights Reserved.
JA全農やまぐち・トップページ

さといも
ぶどう
オクラ
らっきょう
ふき
こまつな
かぶ
じゃがいも
レタス
さやいんげん
かぼちゃ
パセリ
ごぼう
キャベツ
しゅんぎく
はなっこりー
たまご
くり
ブロッコリー
きゅうり
ズッキーニ
スイートコーン
モロヘイヤ
たけのこ
わさび
牛肉
れんこん
ほうれんそう
ねぎ
しいたけ
なす
ピーマン
トマト
にんにく
アスパラガス
たまねぎ
だいこん
はくさい
いちご
みかん
りんご
おこめ
なし
すいか


体にいいお話