●ピーマンの歴史 ●ピーマンの栄養
●いろいろなピーマン ●緑色の強い味方
●暑い夏こそピーマンを食べよう!  

☆ピーマンを使ったレシピ☆
●ピーマン和え
●ピーマンの中華いため ●ピーマンジュース

●ピーマンの歴史
 原産は中南米で、ナス科のピーマンは唐辛子の仲間です。コロンブスがヨーロッパに持ち帰り、香辛料として広まったそうです。日本には16世紀、ポルトガル人によって伝えられました。広く栽培されるようになったのは第二次世界大戦後からだそうです。
 ピーマンという名前は、フランス語で唐辛子を意味する「ピマン」が語源です。英語では「Green pepper」といいます。

●いろいろなピーマン
 赤や黄色のカラフルなパプリカと呼ばれる野菜もピーマンの仲間です。緑色から完熟して赤や黄色、オレンジなどに変化します。種類も豊富でそれぞれに味も栄養も違います。赤や黄色は一般的に甘味があり、ビタミンも多いそうです。

●暑い夏こそピーマンを食べよう!
 どの野菜・果物にも言えることですが、野菜・果物は旬に食べるのが一番。これは味はもちろんですが、栄養面でも旬のものは充実しているからです。ピーマンは7〜9月くらいが旬です。是非この期間の栄養補給にピーマンを取り入れて、元気に夏を乗り切りましょう。





Copyright © 2004 JA ZENNOH YAMAGUCHI All Rights Reserved.
JA全農やまぐち・トップページ

さといも
ぶどう
オクラ
らっきょう
ふき
こまつな
かぶ
じゃがいも
レタス
さやいんげん
かぼちゃ
パセリ
ごぼう
キャベツ
しゅんぎく
はなっこりー
たまご
くり
ブロッコリー
きゅうり
ズッキーニ
スイートコーン
モロヘイヤ
たけのこ
わさび
牛肉
れんこん
ほうれんそう
ねぎ
しいたけ
なす
ピーマン
トマト
にんにく
アスパラガス
たまねぎ
だいこん
はくさい
いちご
みかん
りんご
おこめ
なし
すいか


体にいいお話