●りんごの歴史 ●りんごの栄養
●りんごの品種 ●りんごの体にいいお話

●りんごの歴史
 りんごはバラ科の落葉高木で、コーカサス地方からヨーロッパに渡り、有史以前から栽培されていたといわれています。日本へは江戸時代に中国から伝わったそうですが、本格的に栽培され始めたのは明治初期に西洋種が伝わり品種改良されてからのようです。
 品種は多く、スーパーでもいろんな種類のりんごが並んでますね。みなさんそれぞれにお好みの品種があるのではないでしょうか。スーパーに並んでいる品種ですら、知らない品種もあるはず。それもそのはず、世界では2000種類あるといわれています。○○と○○を交配した○○、というふうにりんごたちは家族や親戚が多い・・・。(笑) 夫婦になったり親子になったり、そしてどんどん美味しい品種が生まれているんですね。

●りんごの品種
◆ふじ

 世界の品評会でグランプリをとっちゃう日本を代表する品種です。褐紅色の地にしま状に着色し、甘味と香りが強く、ほどよい酸味が特徴。海外でも多く栽培しており、世界でも3番目に多い品種だそうです。貯蔵性にすぐれており、晩秋から翌初夏まで出回ります。
◆つがる
 ゴールデンデリシャスと不明品種を交配した実生から選別・育成した品種。淡紅色の果皮に緑がかった黄色の太めの美しいしま模様が特徴です。酸味が少なくさわやかな甘味が人気です。8月から10月にかけて出回ります。
◆陸奥
 ゴールデンデリシャスとインドという品種を交配した大玉な品種。無袋栽培では青い色で、有袋栽培では、かける袋などによってピンクから紅色まで変化します。「寿」や「祝」などの字を黄色で浮かび上がらせて贈答用などに利用されます。10月下旬から翌年6月くらいまで出回ります。
◆ジョナゴールド
 アメリカの農事試験場でゴールデンデリシャスと紅玉を交配したもの。日本には1970年に導入されました。鮮やかな紅色が特徴で、さわやかな風味が特徴。10月中旬から11月上旬にかけて出回りますが、貯蔵されて翌年の5月頃まで出荷されます。





Copyright © 2004 JA ZENNOH YAMAGUCHI All Rights Reserved.
JA全農やまぐち・トップページ

さといも
ぶどう
オクラ
らっきょう
ふき
こまつな
かぶ
じゃがいも
レタス
さやいんげん
かぼちゃ
パセリ
ごぼう
キャベツ
しゅんぎく
はなっこりー
たまご
くり
ブロッコリー
きゅうり
ズッキーニ
スイートコーン
モロヘイヤ
たけのこ
わさび
牛肉
れんこん
ほうれんそう
ねぎ
しいたけ
なす
ピーマン
トマト
にんにく
アスパラガス
たまねぎ
だいこん
はくさい
いちご
みかん
りんご
おこめ
なし
すいか


体にいいお話