肝臓とアルコール

●肝臓とアルコール ●肝臓にやさしい食べ物
●肝臓も疲れます  
●痩せているのに脂肪肝!?  
●肝臓のSOSに気づいて!  

●肝臓とアルコール
 お酒を飲むと、体内に吸収されたアルコールは肝臓へ運ばれます。そこでアセトアルデヒドと水素に分解され、さらにアセトアルデヒドは酢酸と水素に分解されて最終的に炭酸ガスと水になって体外へ排出されます。ここで登場したアセトアルデヒドが血液中に増えると酔っぱらい状態になります。このアセトアルデヒドを分解する酵素が多いか少ないかが、お酒に強いか弱いかを決めています。この分解酵素は性別差、個人差があり、お酒をたくさん飲んで鍛えたからといって、お酒に強くなれるわけではありません。

●肝臓も疲れます
 アルコールが体内に入ってくると、肝臓の中では一生懸命にこの分解の作業を行います。いつもは余剰能力のある肝臓ですが、毎日、毎日、たくさんのお酒を飲めば休む暇もなく疲れてしまいます。また、アルコールの飲み過ぎにより肝臓の処理能力を超えてしまった場合は、肝臓内に中性脂肪がたまってしまいます。これが脂肪肝です。
 肝臓に脂肪がたまってくると、肝臓そのものの機能が果たせなくなってきます。それなのに、同じようにお酒を飲み続けると肝細胞が線維状になり硬くなってしまう肝硬変になったり、さらには動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病の原因になってしまいます。

●痩せているのに脂肪肝?
 脂肪肝は、肝臓に中性脂肪がたまる病気なので、外見的に痩せているから大丈夫ということはありません。痩せていてもアルコールを多く飲む人や、食事の栄養が偏っている人は脂肪肝になりやすいと言えます。

●肝臓のSOSに気づいて!
 肝臓の病気は自覚症状があらわれにくいので、定期検診などで発見されることが多いのです。アルコール性肝障害の初期段階では禁酒や食事を気を付けるだけで肝臓を正常に戻すことができます。
 定期検診でγ−GTP値などが高めな人は、毎日の飲酒をやめ、週に2日は必ず休肝日をとったり、お酒のおつまみを低カロリーなものに変えて肝臓のオーバーワークを助けてあげましょう。

→Next



Copyright © 2004 JA ZENNOH YAMAGUCHI All Rights Reserved.
JA全農やまぐち・トップページ

月経前症候群
ポリフェノール
ミネラル
ビタミン
紫外線


歯周病
口内炎
肝臓とアルコール
糖尿病
カルシウム
コレステロール
ツボ(2)
ツボ(1)
脳卒中
ドライアイ
慢性頭痛
ダイエット(2)
ダイエット(1)
下痢
便秘(パート2)
便秘(パート1)
花粉症
肩こり

貧血
風邪
高血圧
低血圧
夏バテ
むくみ
食欲不振
疲労
不眠
腰痛
冷え症
二日酔い


農産物のお話