●肩こりについて ●肩こりに効く食べ物
●危険な肩こり  

●肩こりに効く食べ物

ねぎ
 ねぎに含まれているアリシンは血行をよくし、疲労物質を分解する作用があります。これによって、疲労物質でかたくなった筋肉をほぐし、マッサージをしてもらったような効果が得られます。

しょうが
 食べてもお風呂に入れても体を温めて血行を良くする効果があります。冷え症で寒さから筋肉が緊張し肩こりを起こしている場合などには、しょうが酒やしょうが湯を飲んで体を芯から温めましょう。
 お風呂に入るときはぬるめのお湯にゆっくりと入るのがコツです。しょうが湯だけではなく、アロマオイルなどを落としていろいろな香りを楽しむのもストレス解消にいいですね。

柑橘類
 みかんなどの柑橘類に多く含まれるクエン酸は、肩こりの原因である疲労物質の乳酸を分解する働きがあります。みかんや夏みかんなどの柑橘類の他、梅干しなど酸っぱい食べ物にもクエン酸が含まれています。

ワカメ
 わかめに含まれているヨードはチロキシというホルモンを作り、代謝を活発にしてくれます。代謝がよくなれば血行を促してくれるので、肩こりにも効果があります。ワカメの他にも「ひじき」や「もずく」などでの海草類も同じような効果が得られます。肩こりの予防には、日頃からバランスのよい食事に心がけ、血行をよくすることが大切です。




Copyright © 2004 JA ZENNOH YAMAGUCHI All Rights Reserved.
JA全農やまぐち・トップページ

月経前症候群
ポリフェノール
ミネラル
ビタミン
紫外線


歯周病
口内炎
肝臓とアルコール
糖尿病
カルシウム
コレステロール
ツボ(2)
ツボ(1)
脳卒中
ドライアイ
慢性頭痛
ダイエット(2)
ダイエット(1)
下痢
便秘(パート2)
便秘(パート1)
花粉症
肩こり

貧血
風邪
高血圧
低血圧
夏バテ
むくみ
食欲不振
疲労
不眠
腰痛
冷え症
二日酔い


農産物のお話