びっくりする大きさ
    「萩たまげなす」

 まずびっくりするのは大きさ。普通サイズのなすが萩たまげなすの横に並ぶと(LLサイズなのに)とっても小さく見えてしまう。無理もない。重さが500g以上でないと「萩たまげなす」としての名称は与えられないのだ。この萩たまげなす、ごっつい見た目とはうらはらに皮は薄く肉質もきめこまやか。種も少ないし甘くておいしい。


この違い! 手前のLLのなすが
とても小さく見える。


生産者の吉村剛さん、ハウスにて。
なす栽培のノウハウを
 萩たまげなす栽培に活かす

 「萩たまげなす」とは萩での呼び名。詳しい来歴は不明だが長門市の田屋地域で栽培されていた「田屋なす」が萩市に渡り自家採種を繰り返し今日まで栽培が続いてきた。数戸の農家しか栽培していなかったが、去年試験栽培を行い今年から本格的に7人が「萩たまげなす」に取り組んでいる。
 その中の一人である吉村さんはなすを作って13年。そのノウハウを活かして萩たまげなすを栽培している。ハウスの半分がたまげなす、もう半分には普通のなすが植えてある。近くで比べられるので大きさなどの違いがよくわかる。萩たまげなすはひとつひとつの玉を太らせるため、たくさん実がつかないように摘花する。標準的に1本の木から4〜5個ぐらいしかとれない。また同じような理由からわき芽も摘む。これで栄養が実に集中し大きくなるのだ。ぱっと見、たまげなす側の方がスッキリして見えるのはそのためだった。

害虫には天敵で勝負
 実は黒光りしているころが収穫時。だいたい花が咲いて23日ぐらいが目安。通常のなすは2週間というから少々遅いようだ。その間虫に食われたりしやすいようだが、吉村さんは害虫には天敵を使ったり、極力薬を使わないように心がけている。「ヒトが生きる源は食べ物だからね。」減農薬にこだわり、お米や他に作っている野菜にもすべてに同じ姿勢で取り組んでいる。「無農薬にこだわったこともあったけど、どんなに安心・安全って口で言っても虫が食った野菜は誰も買ってくれんね。」…消費者の一人として考えさせられる。結局薬を使わせているのは他でもない私たちなのかもしれない。


びっくりたまげた。こんなに大きいのに肉質はとってもやわらか。


ハウス内、たまげなすは花も
「たまげ」サイズ。

地元、山口県でも
 萩たまげなすファンを増やしたい

 伝統野菜については「昔から地元に残っているいいもは残していきたい。地に根付いたものがやっぱり一番そこにあった物だと思う。」と言う吉村さん。東京の方では「足らないから送ってほしい」と大人気のたまげなす。地元のたまげなすファンも負けないぐらい増えてほしい。

萩たまげなすの情報ページ


Copyright © 2004 JA ZENNOH YAMAGUCHI All Rights Reserved.
JA全農やまぐち