萩たまげなす
 
萩たまげなすってなぁに?
 品種名は「田屋なす」で、山口県長門市田屋地区を中心に栽培されていたことからこの名前がついています。特に重さ500g以上で品質の良い果実を「萩たまげなす」として販売しています。皮は薄く、実は柔らかく、とろけるような食感です。収穫は5月下旬から7月中旬までで、期間が非常に短く大変貴重な「なす」です。
 近年注目度抜群の山口のこだわり野菜の一つです。

萩たまげなす&なすのレシピ

レシピのパソコン版
萩たまげなす&なすのお料理レシピ
萩たまげなす&なすを使ったレシピを集めてみました。なすのレシピは一般的な大きさのなすで分量が計算してあるので、萩たまげなすを使うときは分量に気を付けてくださいね。

 

レシピのケイタイ版
材料をメモしたり、作り方をプリントアウトしなくてもケイタイで持ち歩けるので便利!

※一部機種で正しく表示されない場合があります。ご了承下さい。


★その他の関連情報   産地からの声(2008更新)
    産地からの声(2007更新)
    産地からの声(2004更新)
     
★ご購入はこちら!
 JAタウン「正直やまぐち」
  JAタウン