無洗米Q&A

無洗米ってなぁに?

とがず(洗わず)に炊けるお米のことです。

「無洗米ってなぁに?」

 
本当に洗わなくて大丈夫なの?

はい。衛生的な工場で万全な品質管理により製造されており、糠臭さや黄ばみの原因となるアリューロン層をきれいに除去していますのでとぐ必要はありません。また、水を入れた際に少し濁りますが、これはお米の成分(デンプン)が溶け出たもので全く問題はありません。

お米の食卓までの道のり「山口米ができるまで」

 
保存性はどうなの?

一般のお米と同じです。夏場2~3週間、冬場3~4週間。保存性を高めるために保存場所は陽が直接当たらない涼しい場所とし、できるだけ早めに召しあがって下さい。

お米はどこに保管する?「家庭でのお米の保存方法」

 
環境問題は?
とぎ汁が全くでないので河川を汚しません。環境にやさしいお米です。
 
普通のお米に比べて、少し割高なように思うけど・・・
一般的に米をとぐことにより元の白米重量の2~5%が流出したり、砕米となってしまいます。無洗米は洗わないため、このロスがありません。
また、洗米に使う水道代(米の重さの10倍程度使用)、米をとぐ軽費(時間等)の節約、および炊飯歩留(2~5%)の向上等トータル的にはお得となっています。
 
ごはんを炊くときに注意することは?
(1) 通常の水加減より少し多めにします。米重量に対し1.4~1.5倍(通常1.2倍)
流出ロス、通常洗米時による水分の吸収がなく、容積量が通常白米より少し重いため。
(2) 軽くかき混ぜ、お米に水を十分なじませてください。おこげを防ぎ、お米への吸水をまんべんなくします。
(3) あとは一般の炊飯方法と変わりなく、夏は30分くらい(冬は2時間くらい浸水し、炊き上がった後は15分程度蒸らしてください。
  「無洗米のおいしい炊き方」

 

 

♪こちらのページもどうぞ♪

研がずに炊けるお米「無洗米ってなぁに?」

研がずに炊ける「無洗米のおいしい炊き方」
やまぐち安心システム米「無洗米きら星栽培レポート」

このページの一番上へ移動

Copyright © JA ZENNOH All Rights Reserved.