余ったごはんの保存方法

 皆さんはジャーに残ったごはんをどのように保存されていますか?お米は長時間、熱を加えるとでんぷん化しやすくなり、周辺にのりのような膜ができ、さらには黄ばみがでたり、ジャー独特の臭いが付いたりしてしまいます。

 ジャーでの保温は5時間が限界。保温時間が6時間を越えると、もう一度ごはんを炊くのと同じ電気代がかかり、経済的にも無駄になります。

 

■冷蔵庫で保存する。

 まず、冷蔵庫で保存する場合は2日間が限度。ジャーから出して冷ましたごはんを密封容器に入れるか、ラップにくるむかします。食べるときに水やお酒を少量加えて電子レンジであたためれば、ふっくらと仕上がります。

 

■小分けにして冷凍保存。

 最も良い保存方法と言われているのが、冷凍庫に保存するというものです。ごはんがアツアツのうちに小分けにしてラップやフリーザーバックで包みます。このとき、平らにしておくと解凍時の時間が短縮されるうえ、熱が均一にまわるのでおいしく仕上がります。

 もちろんできるだけ早めに食べる方が風味は損なわれませんが、冷凍で3週間くらいは持ちます。またお茶碗1杯分くらいの小分けにしておくと、食べるときに必要な分だけを解凍できるのでとても便利です。

このページの一番上へ移動


Copyright © JA ZENNOH YAMAGUCHI All Rights Reserved.