おいしいごはんの炊き方

 同じ炊飯器を使っても、お米のとぎ方や水加減など、ちょっとした心遣いでよりおいしいごはんになります。

1.米を研ぐ~お米を研ぐ時は手早く
1) 最初たっぷりのお水を入れ、1~2回かき混ぜ、すぐ水を捨てる。

 

※お米の表面についているヌカを洗い流すため。
2) お水のない状態で、お米とお米をこすり合わせズンチャズンチャとリズミカルにとぐ。10~20回くらい手早くするのがコツ。

 

※とぐとは研ぐこと。つやつやのごはんにするには、これが大事!
3) 白く濁った水がきれいになるまで3~4回水を替えてすすぐ。
2.水加減~水加減は正確に(ミネラルウォーターや浄水器の水を使えばより効果的)
1) 炊飯器の目盛りはあくまで目安です。基本は、お米の容量の20%増し(米:水=1:1.2)。

 

※新米は水分が多めなので、水を控えめに。
※玄米など雑穀を混ぜる場合は商品の説明を参考に雑穀の種類によっては水は多めにしましょう。
2) お米に水を吸わせます。

 

※水温によって水に漬けておく時間は変わります。
例)夏は30分、冬は2時間くらい。
※玄米など雑穀を混ぜる場合は長めに。
3.スイッチ~水に浸けたらスイッチを入れる
1) 炊飯器ではなくお釜でごはんを炊いていたその昔、「最初弱火でなかパッパ、赤子泣いてもふたとるな」と言われていたけれど・・・炊飯器はそのようにごはんを炊いてくれているのでしょうか?
4.蒸らす~スイッチが切れたらそのまま蒸らす
1) スイッチが切れたら10分間そのまま蒸らします。
  ※その間、ふたを開けてはいけません。
※炊きあがりは炊飯器の機種により異なります。
5.ほぐす~ふっくらしたごはんに仕上げるために
1) ごはんをつぶさないように、底の方から大きく掘り起こし、切るようにしてまぜる。
  ※米粒の間にある余分な水蒸気をとばすことで、一粒一粒ふっくらしたごはんに仕上がります。

 

※余分な水蒸気が残っているとご飯が団子状になって味が落ちます。
ふっくらつやつや一粒一粒が立っているとびきりおいしいごはんのできあがり!

 

♪こちらのページもどうぞ♪
研がずに炊ける「無洗米のおいしい炊き方」
お米はどこに保管する?「家庭でのお米の保存方法」
毎日炊くのが面倒な一人暮らしにもオススメ「余ったごはんの保存方法」

このページの一番上へ移動

Copyright © JA ZENNOH YAMAGUCHI All Rights Reserved.