お米の歴史と食文化

●お米のルーツ赤米と現在の主流「ジャポニカ米」と「インディカ米」

アジアのお米分布図 日本で稲作が始まったのは、縄文時代からだと考えられています。お米は大変なごちそうだったので、古代人はこれを神に供え、お祝いごとの時にだけ食べたといわれます。昔のお米は、今のような白いお米ではなく「赤米」でした。今でも結婚式などお祝いのときに振る舞われるお赤飯は、当時の風習の名残ではないでしょうか。

 このようにお米が日本全国で栽培されてきた理由は、日本の気候が稲作に適していたことと、保存がきくという点が、日本の主食としてお米が定着した大きな理由です。

 現在、世界で栽培されているお米は、ジャポニカ米(日本型)とインディカ米(インド型)に分類されます。ジャポニカ米は私たちが毎日食べているお米で、日本以外では中国の一部と朝鮮半島、アメリカなどで栽培されています。インディカ米はインドを中心に中国、インドネシアなどアジア各国で主食として食べられています。ジャポニカ米を好んだ日本ではお米に味付けをせず、「ごはん」と「おかず」を分けて食べる文化が生まれました。一方インディカ米を食べる地域では、舌触りがパサパサしているためか、そのまま食べずにカレーと合わせたり、炒めたりと味付けをして食べることが多いようです。

ジャポニカ米おすすめレシピ

 

インディカ米おすすめレシピ

 

 

♪こちらのページもどうぞ♪
やまぐち米でおいしく作ろう!「ごはんのレシピ」
お米のもちもち度はアミロースとアミロペクチンのバランスだった「お米のおいしさの基準」
ごはんをおいしく食べよう「おいしいごはんの炊き方」

このページの一番上へ移動

Copyright © JA ZENNOH YAMAGUCHI All Rights Reserved.