農と食の安全・安心の窓


[新規投稿]     [総合管理]


JA全農やまぐちでは、皆様からの農と食に関する
ご意見、ご要望などを承っております。
少しでも多くの声をお聞かせいただければ幸いです。
どしどしお寄せください。

みかんについて質問   投稿者  よちび (消費者)  2005/10/19/12:52:06  No.8
 質問なのですが、みかんを洗って乾くと外側の皮から白い粉のようなものが出てくるのですが、あれは何でしょうか?教えていただきたいのですが。
 宜しくお願い致します。


[返信] 投稿者 担当者 2005/11/04/16:44:14 No.9
ご投稿ありがとうございます。
まず、お訊ねします。
どこでいつ買い求められたものですか?
また、表面が比較的凸凹したみかんではないかと思います。いかがでしたか?

考えられることは、白い粉は「カルシウム」でしょう。

山口県では、最近は使用する農家は大幅に減っていますが、石灰硫黄合剤を散布し、その成分である石灰(カルシウム)が果皮の表面の凸凹に残り、洗った際に溶け出し乾いたものと考えます。
石灰硫黄合剤は黒点病(6〜8月に多い)やダニ(果実や葉につき樹液を吸う害虫)を防除するものです。
付着した皮を食べても何ら問題ありませんが、硫黄臭がするようでしたら、水洗いしていただければ、硫黄分は流れ落ちますので、ご理解の上、おいしく召し上がってください(^-^)

ちなみに、ぶどうやすもも、杏、ブルーベリー、柿等の表面にある白い粉は、ブルーム(果粉)といって果実そのものがつくるもので付き方によって鮮度の目安になります。

実りの秋、旬の農産物にはその時期に必要な栄養がたくさん含まれています。真心込めた農産物、たくさん食べて冬をのりきりましょうp(^ ^)q


マルチって必要ですか?   投稿者  あり (生産者)  2005/07/12/19:57:18  No.6
私たちは、6月の終わり頃にかぼちゃやすいかを植えました。植えてから5週間たって芽もでたのですが・・・、やはりマルチは必要ですか?


[返信] 投稿者 担当者 2005/07/12/20:11:07 No.7
マルチは土壌の乾燥防止や降雨時の泥はねを防止し、作物を健全な状態に保つために施します。ですからマルチは張ったほうが苗のためには良いです。
しかし、かぼちゃやスイカは、基本的に4月中旬くらいに種まきし、6月に定植、7月〜8月上旬に収穫となるので、今回は実が大きくなりにくい可能性があります。
来年はもう少し早めに、栽培に取り組んでみてください(^_^)


顔の見える農業   投稿者  かえる (消費者)  2005/05/16/18:07:44  No.5
わが家の近所にある道路沿いの畑で、ときどきその畑で採れた野菜を売っています。畑のすみっこにパラソルをたてて家族が交替で店番をしているようです。これぞ「顔の見える農業」だなぁと思いました。
スーパーで買った野菜は形も色もキレイだけど「その産地表示、本当なの?(・_・;」って疑問に思います。ま、消費者としては信頼するしかないのですが、最近では北朝鮮のあさり問題等、野菜に限らず産地の問題がいろいろと取り上げられているので、不安にもなります。どうか山口県では「正直やまぐち」の名に恥じないよう正直であって欲しいなぁと思います。
これからも顔の見える農業を目指して、消費者と生産者の間をつないでくださいね。(@^-^@)


現行ログ/ [1] [2] [3]

No. PASS
正直やまぐちトップページ